餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

天井

心理カウンセリングを学んでいた昨年のこと。

 

私は意欲をもって知識を得ようとしていた。講義ではノートをとり、先生の言葉を一語一句聞き取ろうとしていた。

新しい知識は興味深かった。先生は美人で溌剌としたカリスマ的な人だった。

 

実践クラスのある日、家族療法のロールプレイングをしていた時のことだ。

 

4名1グループのうちの1名の家族をモチーフに、他3名が家族役になってそれぞれの視点を話し合う形式だった。

 

私は引きこもりの弟役を言われ、円座に背を向けて俯いて座ることになった。

母役、父役、本人とそれぞれの座り位置や役柄を本人の感覚で指示される。それから1分くらい静止するのだ。

 

下を見て俯いて座っていると、とてつもない疎外感が生まれた。わずかに視界に入る母役の眼差しが救いだった。

それぞれ母役、父役の感じ方もあるのだろう。

…と、まあこういった家族の疑似体験を数分後に共有し合う授業だ。

 

静止していた1分の間に俯いている私のそばを先生が見回るように通り抜けた。

「お前はずっとそうしてろ」

低い声で確かに聞こえた。

 

冷たい短刀で腕を削がれたように、

私は一瞬呆然としたが、先生は確かに言った。

その意味は直ぐには理解できなかった。

 

あれから一年、頑張っても足掻いても何も実らない。

 

母が亡くなり

父が亡くなっても

姉や夫から離れても

私は休むことをしなかった。

無理にでも活動しようとしていた。

休むのが悪いことのように。

 

あの先生は気づいていたのかもしれない。

私の様々な矛盾を。

それを冷静な臨床心理士として、先生として読み取り、あの人らしい最適な方法で私に烙印を押したのだ。

 

案の定、私は最終試験のカウンセリング試験に出ることが出来なかった。

 

いま、何となく天井を見つめながら当時のことを思い出していた。

 

 

ゆっくり息継ぎをしながら、

休むことにする。

 

これからの為にも。必ず。

 

 

 

広告を非表示にする