餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

好きなこと

今週のお題「私の癒やし」について、少し書きます。

 

私がひどく落ち込んで、再起不能なんじゃないかって

周りを騒がせたことがありました。

 

そんな時、このままではダメだと自ら奮起して

「日常を取り戻すことが大事!」とばかりに玄米を炊きました。

 

土鍋で玄米を炊くと、

わずかの達成感が心に湧きました。

 

炊き上がりの出来がどうこうじゃなく、

自分で炊いて食べる、片付ける。

この一連の動作が私を取り戻してくれました。

 

それ以来、私にとっての癒やしとは

「料理」なんですね。

 

作るの面倒くさいーーって思う時も勿論あります。

横文字の料理名のような素晴らしい食卓な訳でもありません。

好きな人が手料理を作ってくれたらデレデレしてしまいます。

 

でもたまにでも、どんなに簡単にでも、

作るのが、私は好きなんです。

 

なんだかんだ言って、食いしん坊なんです。

 

 

広告を非表示にする

気持ち

あなたは意外に思うかもしれない

 

たしかに今の私は、息苦しいけれど。

だからこそ、気づけた事がたくさんあった。

 

ありがとうって皆んなに言いたい。

 

ありがとう。

あなたから一旦卒業ね。

本当に伝えたい気持ち、わかったよ。

 

大丈夫。きっと大丈夫。

 

みんな大丈夫。

 

頑張れ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

まりっぺ

今週のお題「お弁当」について書こうと思います。

 

私は、昔あったようなお弁当屋さんが好きです。

 

実は母親の愛情たっぷりのお弁当は、子どもの時は苦手だった。

よく玉子焼きが甘過ぎるだの、おかずが少ないだの、文句をつけていた。

 

母親が「まりっぺ」というお弁当屋さんで海苔巻きを買って来てくれた時、大喜びした。

 

家でのごはんは言わばデフォルトだったので、「まりっぺ」の海苔巻きはイベントだった。

 

母親にしてみれば、料理をサボれる口実だったのだろう。

まりっぺ」は私との楽しい合言葉になった。

 

一緒に帰る時、

「今日、まりっぺにしようか?」

「わーい、海苔巻き♪」

 

こんなささやかな経緯を思い出すと

心が温かくなる。

 

 

 

 

広告を非表示にする

ここで発言(?ほとんどが愚痴だけれど)

することで

 

餡は××信者だとか、△△党だとか

想像だけで、実際に言っちゃう人がいるかもしれないけど、

 

私は無宗教で支持政党はありません。

 

亡くなった父と母、先祖を思い、

考えを後悔して、それでも生きています。

 

最近会った夫は、何にも理解してくれていませんでした。

 

怖い思いをすれば、怯えます。

怯えると、明らかに一般の人とは違う態度をとりますよね。

けれど怖い思いをしてるのは、本人しかわからない。

 

例えば

高い場所が怖い高所恐怖症の方たちは、

高所恐怖症でない人に、その怖さをわかってもらえた事はありましたか。

 

同じように、その人が怖いと思っている事は

他の人は、気づけないのです。

 

気づいてない事を、

気づいて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

好き嫌い

あなたは、恋人の気持ちがわからなかったり、

仕事先で嫌な思いをしたり、

 

誰にも信用して貰えない事も

あるかもしれない。

 

1人になってしまうかもしれないって思う時もあるのかな。

 

それは怖いかもしれないけれど、

あなたの事を

心から好きで心配してくれてる人は、いる。

 

その人は

もしかしたら

鬱陶しい存在で

愚痴しか言わない

厳しくて、

期待が重かったりするかもしれない。

 

そういった人なんだ。

 

あなたを本当に好きな人は、そういう人。

 

 

広告を非表示にする

麦茶ラテ

散歩をしていた東上野の商店街で

そばがらの枕ほどもある麦茶の袋を見つけた。

 

それは無造作に、透明ビニール袋に入れられた挽いてない麦茶なんだけれど、

売っているのがお茶屋でなければ絶対に枕として購入を検討していただろう。

 

その量で400円という。

安いけれど、どう消費しようか思案した。

しかし、

「おいしいよ」

という初老の女店主の言葉に、負けてしまった。

 

この年の女性の言葉には弱い。

もちろん説得力という点でだ。

 

お裾分けするにしても、煮出すのは厄介だろうから

自分で少しずつ飲んでいる。

コーヒーにしたり工夫してみる。

 

いま、ちょうど牛乳でこの麦茶を煮出している。

ほのかに甘くて、香ばしい香りがする。

しばらくポットに置いてから

そっと飲んでみた。

 

わかりやすい甘みはないけれど、おいしい。

 

麦茶オレなのかラテなのかわからないけれど、

ラテの方がいまは主流のようだから

(何だそれ)

 

麦茶ラテ、また明日もやってみよう。

 

 

広告を非表示にする

王子

いつか出会える白馬に乗った王子様なんて、

 

いるわけないじゃんね!!

 

なーんて、声を大にして言いたい午後だ。

 

 

そんな夢に期待する人生なんてクソだ。

 

 

どうせ夢見るなら

王女になって白馬に乗ってみたいよ。

 

 

広告を非表示にする