餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

施術者

人が笑ってくれたり、和んでくれたら嬉しい。

割と昔から思っていることだ。

私の感性と組み合わせて、世の中にどう貢献してお金を稼ぐか考えた。

 

カウンセラーでもないし、芸術家にはなれない。本を通して働きかけた経験もあったが難しかった。

 

そこで手指を通して直接、人に働きかける仕事に挑戦することにした。

 

簡単に言うと、今ではセラピスト(=施術者)という。

 

最初の一文は、私の根幹であり、これから目標とする生き方にも通じる。

 

大きな目標を遠く見据えていれば、近くの難関は軽いものだと、ある人が教えてくれた。

 

これから楽しくなりそうだと、

武者震いするようだ。

 

 

広告を非表示にする