餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

ショートヘア

昨年末に髪を切った。

 

はじめはベリーショートで男社会に入る意気込みのように短かったけれど、今は伸びて普通にさっぱりした感じになった。

 

"さっぱり"という形容が似合う姿とはこういうことなのかー、と実感している。

 

ロングヘアでいくらきっちりまとめ髪をしても、ショートヘアには敵わない。

女度:x=髪の湿度:60

なんていう方程式が頭に浮かんだ。

 

周りの視線もだいぶ違う。

あんまり短すぎると、極論でいうと反社会勢力みたいに思われたりするので居心地が悪かった。

今は長さもショートなりに落ち着いて楽ちんなのが嬉しい。

 

ヘアバンドで80年代ファッションみたいに遊んでみたいのだけど、まだその勇気がない。