餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

聞く耳

突然ですが、女性の皆さんは電車で痴漢にあったら、手を挙げて声をあげますか?

 

私は、臆病なので一人で抵抗していました。

でも手を挙げないと、何もなかったのと同じですよね。

これまで言えなかったのですが、社会的な嫌がらせ(ハラスメント)を受けています。

 

このブログはあくまでも餡の愚痴ブログなので、

自由に書かせてもらっています。

なので、いつものように流し読んでいただけると有り難いです。

 

私には17年前に、社会的な嫌がらせを受け始め、いたたまれなくなって家族に相談しました。

すると、ろくに話も聞かない実のお姉さんによって車で精神科に連れられました。

そして問診もほとんどしない医師によって統合失調症患者となりました。

 

私の言う社会的嫌がらせは、差別というものではありません。

もちろん日本で行われていることですが、

世界中で起こっています。アメリカではGang Stralkingと言われています。

 

彼らは、組織的に個人情報の盗用や無線通信を傍受して、ターゲットのプライバシーを共有しています。

そしてマニュアルにそった段階を踏んでターゲット自身に、知りうるはずのないプライバシーを仄めかします。

他にも心理的に、身体的にも、テクノロジーを駆使しして自殺もしくは精神病者、犯罪者に追い込むのです。

 

何故、一般人である私に対してをそこまでするのでしょうか。

ずっと考えてきました。

 

この世の中はお金で回っていますよね。

資本主義のビジネス社会ですから。

加害者は、何らかの収益を見て、目的を達成するための計画のうちの一人なんだろうな、って考えています。

機会があったらお話しします。

 

話は戻りますが、

電車で手を挙げて「この人チカンです!」って女性が言うのに、

どれだけ勇気がいると思いますか。

 

痴漢冤罪事件も事実としてあるので、複雑になってしまいますが

声をあげた人の話を聞いてください。

 

他にも多くの人が、勇気を持ってブログに書いたりホームページを開設しています。

 

この社会的嫌がらせ犯罪も、

巷では統合失調症の被害妄想と片付ける電子書籍が出回っています。

(たしか0円でしたね。なぜでしょうか。より伝播させるためだと思います)

 

どうか、声をあげた人に対して、その人の言うことを聞く耳を、

どうか手放さないでください。

お願いします。

 

 

 2017年11月18日

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

 
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告

 

 

 

集団ストーカー認知・撲滅 (PARADE BOOKS)

集団ストーカー認知・撲滅 (PARADE BOOKS)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする