餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

失態

久し振りにパウンドケーキを焼いた。
今までで一番成功率が高かったレシピ本を棚から引っ張り出した。

 

卵は室温に、バターは40℃に、粉はふるっておく、
…と、まあお菓子の本らしく厳しいことが書かれている。

 

けれど、その通りに作った。
(厳密に言うと粉ふるいが無くてそれだけは守れなかったけれど)
結果は後ほど書きますよ。

 

卵の泡立ても、ハンドミキサーが無かったので、
自分の腕でもこもこに泡だてた。
(そういえば昔子供の頃も、この家で同じようにカシャカシャと泡立ててケーキを作ったっけ)

 

ただその時無心だった。
なんだか面白かった。


そのレシピ本には生地の様子まで事細かに書かれていた。
「もったりして泡だて器の跡がくっきりするほど泡だてます」
…ちっ、面倒くせえなあ。
なんて悪態をつきながら私は黙々と泡立てた。

 

オーブンで焼いている時に結果が現れてきた。
キツネ色のケーキがみるみるうちに山になってきた。

 

私は様子を見ながらワクワクして、その小うるさいレシピ本に感謝したのだった。
「粗熱が取れたらビニール袋かラップに包んで冷やし、翌日から4日後までが美味しく頂けます」
最後まで私はレシピ本の言う通りにした。

今、そのパウンドケーキは冷蔵庫で眠っている。

 

これまでの私は、レシピ本はおろか人の言う事もろくに聞かず、
自分だけで生きてきた。
これまで人を頼ってもいい事なんて少しもないからだった。

 

そう、そうなのだ。

大切なのは「頼る」の捉え方なのだ。
甘えと頼るのとでは違うのだ。

なかなかその違いには気付きにくかったけれど。

違うと言ってくれたのは、本ではなく人だ。

 

今日、その人にパウンドケーキを渡すのを忘れてしまった。

なんという失態だろう。

リミットはあと3日後。

 

でもまた会えるさ、遅れた分ラッピングを豪華にしよう。

 

広告を非表示にする