餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

フィールド

至極当然な話だけど、

 

15歳の女の子がすぐにでも一般事務のOLになるのが無理なように、

40歳の女性がアイドル歌手を目指すのがどだい無理なように、

 

其々の本分があるのだ。

 

私はさっきまで違うフィールドで違う試合に出ていた。

走っても走っても、

罵られても、転んでも、

聴衆は「おーい、間違えてるよ!」
なんて誰も教えてくれない。

 

私の勘違いは大量の汗水となって体内から流れ落ちた。

 

私は、昔からありながら避けて通ってきたフィールドを見た。

 

本当のフィールドは憧れでもなんでもない。さすがに認めなければ。

 

認めて初めて、

努力し鍛錬し挑戦できるのかもしれない。

 

怠惰なのも認める。

目先の楽しいこと、

簡単なことをこなして生きていこうと思っていた。

教えてあげるよ。

それって実は倒すべき敵のための生き方なんだよね。

 

自分のために

改めて、大きく深呼吸する。

 

目の前に広がるフィールドは

青々とした芝生だろうが、

荒涼としたラフだろうが、

 

背筋を伸ばして駆け出そう。

 

誰のためでもない、

私のために。

 

 

広告を非表示にする