餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

宝箱

私にはこれしかない

今まで選べると思っていたけど
何となく分かっていたけど

やっぱりそれは違ったらしい
探す石はそこには無いのだ

小さじ一杯の勇気を加えて
拡げることにする

原石だらけの
私の宝箱を

磨くのはいつだって出来る