餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

女友達

久しぶりに会った友人を家に泊めた。

このコはバイトの同期で、初め会った時から強引でやけに人を型にはめる話ぶりが嫌だった。

でも、あとで気づいた。

いつも明るく感情豊かで素直な性格に、休憩時間のたびに癒されていたんだ、と。それから見る目が変わった。

…実際は仕事内容の愚痴だとか世間話だとか噂話の弾丸トークなのだから、疲れてるはずなのだけど。

 

ある時、私が悩みを話すと応えるように自分の経験を話してくれた。

それだけなのに、なんだか分かり合えた気がして嬉しかった。

 

私は過度に人に気を使う欠点がある。

それは、簡単にいうと状況がわからないからなのだけど、たいていは長時間一緒にいる人を疲れさせてしまうらしい。

(此方だって数倍疲れるわけなのだけど)

 

その日もシャワーの順番などで少しギクシャクしたけれど、次の日の朝食を食べながら、いつものように明るく言いたい事を言っていた。

 

言えそうだったから欠点の部分を伝えると、そのコは

"もっと図々しくならなきゃダメだよ"

と言った。

いい奴だと思った。

駅までの途中にある公園のあじさいを見せると喜んでいた。

"また懲りずに来てね"

と、笑顔で送ることができた。

何だか来てくれたのが本当にありがたかった。

 

私は同性の友達が少なく、少ないから特に仲良くなると嬉しくて、家に泊めておもてなししようとして失敗する。

過去にも5回ほど失敗かつ疲労している。

 

付き合い下手な奴、と読む人は思うかもしれない。ホントそうだ。

同性との人間づきあい方、どっかに書いてないですかね(^^;;

 

 

 

広告を非表示にする