餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

何なんだ。

 

ありがちな鍋形式の飲み会にこのごろよく参加する。

 

買い出しの後は当然のように下準備を女性陣にお任せして座談会に入る輩たち。

仕切らざるを得ないので飲みながら準備に入る妙齢の女性。

料理自体が新鮮で、使われているにもかかわらず嬉しい学生。

次第に手順や味に口を出すようになる輩たち。

妙齢の女性は手際よく盛り付ける。

お代わりの碗をおずおずと持って鍋に寄る輩たち。

言いたい事を言って食べるだけ食べ、働かない上層。

必ずと言っていいほどあるのが、調味料系のこだわり話。

食、健康、暮らしにまつわる世代の話。

締めは米が麺かという論争。

 

何なんだ。

ちっとも面白くない。

 

これ誰得なんだろ?

妙齢の女性が私なわけだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする