餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

眼耳華口〜めみみはなくち〜

何気ない お喋り

 

それは互いを探りあう時

 

もうはじまってる

 

味なんて どうでも良くなった飲み物

 

視線が合う 逸らす また合う

 

心は瀬戸際に立っている

 

息が苦しい

 

耐えきれず 笑ってしまう

 

美辞麗句をまとったお喋り

 

だって心地よいから

 

ずっとこの時が 続いて欲しい でも

 

胸がはやるのは 飲み過ぎたせいじゃない

 

BGMのインターバル

途切れた会話

 

 

訪れた沈黙を 逃さない

 

 

もう視線は逸らせない

遮られた視界

それまで笑っていたのに、言葉を放っていたのに

 

今は違う役割として

 

互い貪りあう唇