餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

パックのあいつ

私は、かねてから市販の牛乳に疑問を持っている。

 

今朝から腸が、ひどく文句を言い主張している(・・;)

波のような主張の度に、私は走らなくてはならない。

 

原因はあいつに違いない。

コンビニで買ったパックのあいつだ。

 

しかも、なぜあんなに薄いのか。

牛乳と言えるのだろうか。

時々、上澄みのように透けている時がある。

気をつけて買わないと、

牛乳かと思っていても乳飲料を買わされる時がある。

 

私の腸はそんなに弱くないはず。

けれど、あいつに手を出すと必ず、やられてしまう。

 

搾乳される牛に罪はないのに、

あいつにはいつも騙される。

 

ああ、まただ。4回目の波が来た。

 

やめようと思っていても

健康的というイメージは幼少の頃から植付けられている。

 

しかし、腸の主張は正しいのだろう。

私は自分の体を信じる事にした。

 

もうあいつには二度と手を出さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする