餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

きぼー

フィールド

至極当然な話だけど、 15歳の女の子がすぐにでも一般事務のOLになるのが無理なように、 40歳の女性がアイドル歌手を目指すのがどだい無理なように、 其々の本分があるのだ。 私はさっきまで違うフィールドで違う試合に出ていた。 走っても走っても、 罵られ…

白状

優しいライオン 海 チェシャ猫 詐欺師 私は言いたいこと言って、 あなたを形容したね。 私のメッキは 行き場のない母心 でもこうも言ったよ あなたはあなたよ、 あなたの代わりなんていない。 全て見透かせる あなたの 代わりはいやしない。 あなたの言葉ひ…

咀嚼

自分のためにごはんを作っても大して意味がないと思っていた。むしろ無駄だとさえ思っていた。 誰かのために多少の気持ちを込めて作る事に意味があるのだと。 今夜1人いつものようにコンビニに向かう支度をしようと家の中を歩いている時に、 ふと2日前の出来…

宝箱

私にはこれしかない 今まで選べると思っていたけど何となく分かっていたけど やっぱりそれは違ったらしい探す石はそこには無いのだ 小さじ一杯の勇気を加えて拡げることにする 原石だらけの私の宝箱を 磨くのはいつだって出来る

女友達

久しぶりに会った友人を家に泊めた。 このコはバイトの同期で、初め会った時から強引でやけに人を型にはめる話ぶりが嫌だった。 でも、あとで気づいた。 いつも明るく感情豊かで素直な性格に、休憩時間のたびに癒されていたんだ、と。それから見る目が変わっ…

R 〜アール

最近は、あまり自分の境遇にどうのこうの思わなくなってきた。 私にしてはかなりの変化だと思う。 「あたし、いいじゃんこれで」 こう思えるようになったのは、 本当に前進出来たと思う。 これまでは 夫とごく普通の生活していても 友達とおしゃべりしていて…