餡とコーヒー

和菓子とコーヒーに癒されるひとりが書いています。

いつだったか、 こちらの岸から向こう岸まで泳ごうとして 溺れて渦に巻かれた。 やっとの事で戻りつくと後悔の波が追い打ちをかけてきたけれど、 ゆっくり見回せば、あたりは明るく穏やかな空気が流れている。 服が乾くのをじっと待つ。 クヨクヨしないこと…

明治生まれの祖母

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」について書きます。 私のお爺さんは、小さいころの私が入れそうなくらい大きな仏壇の中で、 白い髭を生やしてこっちを睨んでいる人だった。 お婆ちゃんは皺々の顔で背も丸まっていたけれど、しっかりした印象の…

頑張る?

私何でこんなに頑張ってるの? 背後から何も追ってこないのに。 わかってる。 わかってるから怖いんだ。 前にも後ろにも何もないのが怖いんだ私。

世間

単純なようで複雑。 複雑なようで単純だ。 それならできるだけ単純に考えられた方が楽だ。 究極なのは生と死。 どう生きるか、どう死んで行くか。 人生だの幸せだの、 恋だの愛だの、 出世だの金だの、 こどもだの大人だの、 とどのつまりはさっきのことでし…

失態

久し振りにパウンドケーキを焼いた。今までで一番成功率が高かったレシピ本を棚から引っ張り出した。 卵は室温に、バターは40℃に、粉はふるっておく、…と、まあお菓子の本らしく厳しいことが書かれている。 けれど、その通りに作った。(厳密に言うと粉ふる…

痛覚

今週のお題「カバンの中身」 初めてお題にのって書いてみます。 カバンの中身とのことですが、 さてお気に入りの革小物がある訳でも、きっちり書かれた手帳があるのでもない。 あるのは簡素化にしてはぺしゃんこ過ぎる財布、デオドラントスプレーや傷だらけ…

マッシュルーム

あゝ悔しい。 八百屋に置き忘れた1山180円のマッシュルーム。 牛乳とじゃがいもを買い、ポタージュスープにするんだと楽しみに家路を急いだのに。 電話をかけても虚しいFAX音が応答する。 あゝ悲しい。 そうだ今日は8月9日。マッシュルームを買おうと思った…

ロック

自宅から5メートル以内の建築現場では絶賛騒音展開中。 鉄骨組立の音 カンカンカンカン 溶接音 チュイーーーン ガリガリガリガリ 重量物を投げつける音 バーン 男達の笑い声 ワッハッハ ヒャッハハハ …と、不快のお裾分けをしてみる。 折角読んでくれたのに…

天井

心理カウンセリングを学んでいた昨年のこと。 私は意欲をもって知識を得ようとしていた。講義ではノートをとり、先生の言葉を一語一句聞き取ろうとしていた。 新しい知識は興味深かった。先生は美人で溌剌としたカリスマ的な人だった。 実践クラスのある日、…

大暑

とても疲れた。 もう体が動かない。 悩む気力すらない。 落ちるように眠りにつく。

料理とロマン

料理には愛が要るって思うんです。 強いて言えば、愛が欠かせないんじゃないかって確信してます。 食べる人に? 作ってる自分に? 素材に? レシピに? 報酬のお金に? いえいえ、 ベクトルは何処に向いていたって 知ったこっちゃないのです。 その人次第な…

フィールド

至極当然な話だけど、 15歳の女の子がすぐにでも一般事務のOLになるのが無理なように、 40歳の女性がアイドル歌手を目指すのがどだい無理なように、 其々の本分があるのだ。 私はさっきまで違うフィールドで違う試合に出ていた。 走っても走っても、 罵られ…

細長い空

それは狭い領域かもしれない ただ、その向こうは果てしなく続いている。 高く遠いその長方形は、 私が息をつける領域で、 刻一刻と表情を変える美しい領域。 鳥や飛行機も登場したり、 燦然と輝く月や星を見つけられる。 ロケットや魔女の箒も良いけれど、 …

白状

優しいライオン 海 チェシャ猫 詐欺師 私は言いたいこと言って、 あなたを形容したね。 私のメッキは 行き場のない母心 でもこうも言ったよ あなたはあなたよ、 あなたの代わりなんていない。 全て見透かせる あなたの 代わりはいやしない。 あなたの言葉ひ…

紅茶

本当はドトールだってセブンイレブンのコーヒーだっていい。 昼下がりの交差点近くにある マリアージュフレール。 いま、私1人の時間を過ごすために 来た。 これはかつて贅沢と咎められた行動なんです。 けどこれからは 私は私のために、 お茶を飲む場所を選…

咀嚼

自分のためにごはんを作っても大して意味がないと思っていた。むしろ無駄だとさえ思っていた。 誰かのために多少の気持ちを込めて作る事に意味があるのだと。 今夜1人いつものようにコンビニに向かう支度をしようと家の中を歩いている時に、 ふと2日前の出来…

冷汗

1年前から続く迷路 見上げると チェシャ猫みたいな にーって笑顔 嵌めたり 嵌められたり 泣いたり 笑ったり ざけんな こんなのガラじゃない 元の世界に戻ろうとしてるのに 満月まで後少し この扉 大丈夫なのかよ

湿気

私はO型のくせに、細かい事を気にする。 どれくらい細かい事かっていうと 役所型の接客をする、高慢な受付のアラをつき、怒り泣きさせる程度かもしれない。 または、とある会合で穏やかな初老の男性を本気で怒らせてしまう程の痛い指摘をしてしまった事もあ…

宝箱

私にはこれしかない 今まで選べると思っていたけど何となく分かっていたけど やっぱりそれは違ったらしい探す石はそこには無いのだ 小さじ一杯の勇気を加えて拡げることにする 原石だらけの私の宝箱を 磨くのはいつだって出来る

メール

涙が出るのはどうして一通のメール 感情がわからないほど私は子どもだったの 何故泣くのわからない悲しいのわからない 蓋してた自分の何か でもやっぱりわからない

女友達

久しぶりに会った友人を家に泊めた。 このコはバイトの同期で、初め会った時から強引でやけに人を型にはめる話ぶりが嫌だった。 でも、あとで気づいた。 いつも明るく感情豊かで素直な性格に、休憩時間のたびに癒されていたんだ、と。それから見る目が変わっ…

鳶の人

真向かいの工事現場で鉄骨建て方が始まった。 今日も鳶職の方々が意気揚々と仕事されてる。 それなりの機械音がしたり衝突音やけたたましい笑い声が聞こえてくると、頭を抱えたくなる。 ここで住人の怒りの矛先は、笑い声に向かうのが容易だ。 理由は機械音…

主食

届けてもらったお米屋さんのミスで5キロ以上の玄米が家にある。 玄米は好きなので、言うことは言ってそのまま受け取った。 度々思うことだけど、玄米食にするといろんな意味で体がどっしりする。 今日で1週間になる。 消化に時間がかかるからなんだろうか。 …

大人

今日仕事帰りに駅のホームにある自動販売機で惣菜パンを2個買った。 電車を待ってる間に買えるし、それに後で山盛りの大根サラダと特製ホットドリンクで気ままな夕食にしようと思ってのことだ。 しかり、傍目では休日なのに仕事帰りのおばさんがパン二個で夜…

R 〜アール

最近は、あまり自分の境遇にどうのこうの思わなくなってきた。 私にしてはかなりの変化だと思う。 「あたし、いいじゃんこれで」 こう思えるようになったのは、 本当に前進出来たと思う。 これまでは 夫とごく普通の生活していても 友達とおしゃべりしていて…

インドカレーの前菜

私のたった一つの願い 一つでいいのです 叶えて下さい遠い国からやって来た 笑顔の人達 ぽろぽろ溢れるの やるせない 私が下手だから 変えるのは器だけ 器だけでいいんです も少し大きく できれば平たく よーく絡めたいのです 美味しいサウザン せん切りキャ…

映画

私の中で息絶えそうになっていた、メディアから吸収する欲求を呼び起こそうと映画を観に行った。 大層な物言いだけれど、簡単に言うと 映画を観に行こうと思い立ったのだ。 選んだのは「ラ・ラ・ランド」。 何のことはない、新宿のゴジラそびえ立つシネコン…

母親

冷たい雨が降っていた朝、 いつもの自転車ではなくバスに乗って出勤した。 イヤホンで何気なく宇多田ヒカルの曲を聴いていた。 雨だれの窓を眺めながら歌詞に集中していたら 「嵐の女神」という曲から お母さんに会いたい、という彼女の気持ちが流れてきた。…

喫茶店

私にとって居心地のいい場所とは、とふと考えることにした。 不幸なことに、自宅ではないことは確かだ。 wifiの使えるスタ◯か、 学生で溢れかえるマ◯ド◯ルドか、 なんだかんだ行きやすいド◯ールか、 …そういえば職場近くの立ち食いそば屋さんも行きつけだっ…

わかめご飯

あたしはわかめご飯 鶏唐マヨネーズには到底かなわない そうなんだよね そんなもんだよ 競ったところで 限界が見えるだけ みんな大好き人気者 新しくて 目立ってる 鶏唐マヨネーズ 隅っこで余り者 定番 惹かれない わかめご飯 でもね たまには ちょっとあた…